くせ毛がダメージで悪化?私がくせ毛を脱却したその方法とは!?

何でくせ毛になるの?中学に入ってから突然くせ毛になった。最近くせが強くなった気がする。

これらは、僕が実際に疑問に思った内容です。

それについて調べてみると、

くせ毛の仕組み・くせ毛とダメージの関係性がわかり

ここを知ることがくせ毛改善の第一歩だと気づきました。

今回は、そんなくせ毛に関する知識と、

縮毛矯正を10年行ったKさんへの取材、

くせ毛を改善するダメージケア商品をご紹介します!

なんでくせ毛になるの?

まずは敵を知ることが大事です。

髪というものは、海苔巻きと同じ仕組みなんです。

具材と、それを包む米、さらにそれを包む海苔。

こういう三層構造になってるんですね。

くせ毛というのは、この三つのどれかに原因があって

曲がってしまう訳です。

1、具材に原因があるパターン

中の具材が、キュウリだと真っ直ぐの海苔巻きができます。

これが直毛の人です。

一方で、中の具材がフワフワの卵だと、曲がってしまい、くせ毛になるんです。

そして、これは厄介なことに後から具材の変更はできません。

つまり一生くせ毛です。

これが、「遺伝によるくせ毛」です。

また、遺伝と言っても、生まれた時からくせ毛の人以外にも

遺伝によるくせ毛に分類されるケースがあります。

それが「中学に入ってから突然くせ毛になったケース」です

僕です::

このケースは幼少期は、米と海苔だけの髪で構成されており

成長期に具材の卵が顔を出してきてくせ毛だと発覚したパターンです。(髪質が変わったとよく誤解されます)

この段階で、「何だよ!治んねえのかよ!」と思った人も安心して読み進んで頂けたらと思います。

2、米や海苔に原因があるパターン

米が均一に入っていて、しっかりと海苔で巻かれている。これが直毛の人です。

一方で、米の量が多すぎたり少なすぎたり、ボソボソの海苔が巻かれている。

そうすると綺麗な海苔巻きにならないですよね。これがくせ毛の人です。

こちらは「健康で綺麗な髪では無い」と言う後天的な物なので治るくせ毛です。

綺麗にしようとすれば、髪は1ヶ月に1センチ程度伸びるので大体半年〜1年位で治ると思います。

この場合やることは、

この二つです。

健康な髪を生やす方法は、しっかり睡眠をとる、三食食べて栄養をとる、後は頭皮マッサージで血行をよくするです。

(頭皮マッサージに関しては後日記事をあげます)

そしてダメージを与えない方法とは

・濡れた髪に摩擦を与えすぎない

・ドライヤーを長時間使いすぎない

・ヘアアイロンを使いすぎない

・カラーや縮毛矯正をしない

です。こちらをこの点を意識すれば、くせ毛は治るでしょう。

くせ毛はダメなのか?

お待たせしました。「遺伝によるくせ毛」の皆さん、

確かにくせ毛とは一生付き合っていくことになります。

しかし、くせ毛はダメな物でしょうか・・・?

「うっせーよ。ダメだよ。真っ直ぐにしたいんだよ!」

と過去の自分なら言うでしょう。w

しかし、ですね。世の中には直毛からパーマをかけてくせ毛にする人がいるんです。

「そいつらは、パーマだからかっこいいくせ毛だろ」

そうです。

くせ毛自体はカッコ悪くない。むしろカッコいい。

ハゲたり跳ねたり、言うことの聞かないくせ毛がダメなんです!

「でもあれだろ、くせ毛を生かした髪型〜とかだろ?そう言うことじゃないんだよなあ」

大丈夫です。ストレートの人がワックスをかけてセットしたようなカッコいい髪型がノーセットでできるようになります。

「ほんとかよ、じゃあどうすんだよ!?」

実は、2で教えた方法と全く同じなんです。

健康な髪を生やすことと髪にダメージを与えないことです。

これを行えば、髪の質がよくなって扱いやすいくせ毛になってくれます。

材料は卵だけど米と海苔はしっかりしてるから、多少は曲がるけどいい海苔巻きになるでしょう。

縮毛矯正をすれば手取り早いのでは?

「扱いやすいくせ毛はわかったけど、半年〜1年なんて待ってらんねえよ。今すぐ治したいんだよ」

と言う気持ちもわかります。そういう場合の最終手段として

「縮毛矯正」があります。

が、僕はおすすめしていません

まず第一にお金が1万円以上かかる事。しかも一回かけて終わりではなく、継続的に1万円払う必要があります。

そして、一瞬で直毛になるから、周りに「あいつくせ毛気にしてたんだな」と思われる可能性がある事

さらに縮毛矯正は髪に二種類の薬品を散布することから、髪にダメージを与え、健康的な髪ではなくなる恐れもあります。

僕は徐々に髪質を改善させた方が良いと思いますが、

今回、「どうしてもこのくせ毛が嫌で、矯正した」

という人にお話を聞くことができました。

縮毛矯正を10年間かけ続けたKさんの話

KさんKさん

私は小学校の時からくせ毛に悩み、大学を卒業するまでの10年間縮毛矯正をかけ続けました。
縮毛矯正はかけた瞬間は真っ直ぐサラサラの髪になって良いものですが、時間が経つと、真っ直ぐじゃ無い髪が生えてきて真っ直ぐな部分とそうでない部分があって変になります。

全体を同じように真っ直ぐにするために、毎日ヘアアイロンをかけました。

しかし、気づいた時には髪は人形の髪のように傷んでしまっていました。

また、縮毛矯正は汗をかくと不自然に真っ直ぐになってしまい。髪型はおでこを出すか、センター分けにするしかなかったです。自分の好きな髪型に私は一生できないのかと悲しくなりました。

その状況に悩み、とにかく情報を集めました。すると、私は今までくせ毛に悩み美容師さんの言われるがままに縮毛矯正をかけていましたが、実はそれは髪にダメージを与ええており、私の目指す髪型は一生ならないということに気づきました。

それから、縮毛矯正を辞め、傷んだ髪を治すために2年以上かかりましたが、今は友達に「この髪質羨ましい」と言われるほどの自慢の髪になりました。

確かに、縮毛矯正はくせ毛を直せたけど、私は縮毛矯正をかけている時より、かけていない時の方が幸せです

髪のダメージを防ぐヘアケア商品3選!

最後に、家で使える髪のダメージケアグッズをご紹介します。

毎日コツコツと労ってあげることで少しでも早く健康な髪を手にいれることができます!

●ホットマン 1秒タオル

東京・青梅で創業150年となる老舗タオルメーカーが作る吸水力抜群のタオルです。

この動画からわかる吸水力。これが高いと、髪の水分がすぐに取れるので、ゴシゴシ拭いて髪にダメージを与えることが少なくなります。

また、よく拭けていると、ドライヤーの時間も短くなり

熱のダメージから髪を守ることに繋がります。

しかし、現在お持ちのタオルでも丁寧に優しく拭けば代用可能ですし、

値段も2200円するので、他のグッズを揃えてから購入を検討することをおすすめします。

●ヘアビューロン ストレートアイロン

使うほど髪質がよくなるヘアアイロンとして話題の製品です。

どうしてもヘアアイロンを使いたいとなったらこちらの商品がダメージレスでおすすめ。

通常のアイロンは、髪の中のタンパク質を熱で溶かし

それが再度固まることで髪の形が変わります。

しかしこれはバイオプログラミングという独自の技術で

タンパク質を保護し、低温でもしっかり形をつけることができるのです。

かなり耐久力があって長い事使える相棒になるでしょう。

しかし、こちらは3万〜4万円します…

●DAISO ストレートコーム

アイロンが買えなくてもいい、外出先に持っていける

そして、たった110円で買えるくしがこちらです。

以前記事に詳しく書いたのでそちらも合わせてご覧ください

ドライヤーをあてながらくしを使うだけでストレートになるのでとてもおすすめです。

まとめ

・くせ毛はダメージケアで改善する

・健康な髪を生やす

・髪にダメージを与えない

・家でダメージケアできる商品を使ってみる